☎ 050‐3173‐4720

遺言書

遺言書

公正証書遺言は撤回できる?4つの方法と無効リスク回避ポイント

この記事では、公正証書遺言書を作成した後に、遺言書の内容を変更したい場合や、遺言書自体を撤回させたい場合にはどのような手続きを経る必要があるのかについて解説いたします。 そもそも公正証書遺言書とはなにか 公正証書遺言とは、公証...
遺言書

大阪市で遺言書作成にお困りの方

大阪市で遺言書の作成にお困りなら大倉行政書士事務所へご相談ください 大阪市で遺言書専門の行政書士に相談したい方は、お気軽に大倉行政書士事務所へご相談ください。 大阪市に在住の方なら、初回の「電話・ZOOM等のオンライン相談・カ...
遺言書

遺言執行者ってなに?どんな人がなれるのか?

この記事では、遺言執行者とはいったい何者なのか?またどんな人が就職できるのかについて解説しております。 遺言執行者とは? 遺言執行者とは、遺言書の内容の実現に必要な行為を行う為、遺言書、または家庭裁判所によって選任された者をい...
遺言書

遺言書の作成をお勧めするケース

こちらの記事では、遺言書を作るか迷っている方に、作成しておいた方が良いケースについて説明しております。 遺言書を作成することをお勧めするケース 法定相続分と異なる配分をしたい場合 遺言者は遺言によって、相続人それぞれの生...
遺言書

遺言能力とは

遺言書は誰にでも作成できるわけではありません。遺言書を作成するためには、遺言能力と言われる「遺言書を作成するために必要な意思能力」を有していなければなりません。 遺言能力を有さない者 成年被後見人15歳未満の未成年者 遺...
遺言書

法務局における遺言書の保管等に関する法律

この法律は、法務局において遺言書の保管や情報の管理に関し必要な事項を定めて、その遺言書の取扱いに関し特別に定められたものです。 こちらの、対象となる遺言書は「自筆証書遺言書」に限られ「公正証書遺言書及び秘密証書遺言書」は含まれません...
遺言書

遺言書の検認手続について

遺言書の検認とは 遺言書の検認とは、被相続人(故人)が遺言書を残して亡くなった場合に、相続人に対して遺言書の存在と内容を知らせて、遺言書の形状や、日付、署名等を明確にして遺言書の偽造や、変造を防止するための手続です。 遺言書を...
遺言書

遺言書保管制度について

遺言書保管制度とは 遺言書保管制度とは、自筆証書遺言書を、法務局で保管することができる制度です。この制度を利用すると、公正証書遺言の場合と同様に、遺言書の紛失やこれを発見した者による破棄、隠匿、改ざん等の危険を防止することができ、ま...
遺言書

公正証書遺言書の作成

公正証書遺言書とは 公正証書遺言は、遺言書本人が、公証人と証人2人の前で、遺言の内容について告げ、公証人がそれを遺言者の真意であることを確認した上、文章にまとめたものを遺言者と証人に読み聞かせ内容に間違いがないことを確認してもらって...
遺言書

【簡単】遺言書の作成を自分で行うテクニック!

遺言書を作成したいけど、自分だけで作成するのは不安。。 このページに足を運んでくださった方の多くはそう思っているのではないでしょうか? でも安心してください。この記事を読み終わるころにはその不安がほとんど解消されていると断言し...