☎ 050‐3173‐4720

尊厳死宣言公正証書をわかりやすく説明

尊厳死宣言公正証書、わかりやすく用語説明

尊厳死宣言公正証書をわかりやすく説明しております。

尊厳死宣言公正証書とは

尊厳死宣言公正証書とは、嘱託人が自らの尊厳死(回復の見込みのない末期状態の患者の延命治療を控えて、人間としての尊厳を保たせた状態で死を迎えさせること)を望み公証役場で公証人にこの胸を供述し、作成される公正証書です。

すなわち、過剰な延命治療を打ち切って、自然の死を受け入れるために作成する公正証書のことです。

尊厳死宣言公正証書の例

尊厳死宣言公正証書

本公証人は、尊厳死宣言者○○○○の嘱託により令和○年○月○日、その陳述内容について嘱託人の真意であることを確認の上、宣言に関する陳述の趣旨を録取し、この証書を作成することとした。

第一条 私○○○○が将来病気に罹り、それが不治であり、かつ死期が迫っている場合に備えて、私の家族及び医療関係者の方々に以下の要望を宣言いたします。

 1.私の疾病が現在の医学では不治の状態に陥り既に死期が迫っていると担当医を含む2名以上の医師により診断された場合には、死期を延ばすための延命措置は行わないでください。

 2.しかし、私の苦痛を和らげる措置は最大限に実施してください。そのために、麻酔などの副作用により死亡時期が早まったとしてもかまいません。

第二条 この証書の作成にあたり、あらかじめ私の家族である次の者の了承を得ております。

 妻 ○○○○ 昭和○年○月○日生
 長男○○○○ 平成○年○月○日生
 次男○○○○ 平成○年○月○日生

私が前条に記載した症状が発生した時は、私の意思に従い、尊厳を保った安らかな死を迎えることができるようにご配慮ください。

コメント