☎ 050‐3173‐4720

用語説明

用語説明

みなし財産について

みなし相続財産とは みなし相続財産とは、被相続人の財産でないのにも関わらず、相続財産として相続税の課税の対象となる、財産のことです。 みなし相続財産には、主に次の3つの財産があげられ、これらの財産は相続において相続税はかかりま...
用語説明

尊厳死宣言公正証書をわかりやすく説明

尊厳死宣言公正証書をわかりやすく説明しております。 尊厳死宣言公正証書とは 尊厳死宣言公正証書とは、嘱託人が自らの尊厳死(回復の見込みのない末期状態の患者の延命治療を控えて、人間としての尊厳を保たせた状態で死を迎えさせること)...
用語説明

割賦販売法どんなものか例を挙げて簡単に解説

割賦販売法の目的 割賦販売法は、第1条から読み解くに、購入者等が受けることのある損害の防止やクレジットカードの適切な管理により割賦販売の健全な発達や購入者の利益を保護するためなどを目的に制定されたことがわかります。 と言われて...
用語説明

不実告知について

消費者契約法の4条の条文を読むと、契約の際に、重要事項について事実と異なることを告げられたり、それが事実であると誤認して契約したものは取り消しの対象であるということがわかります。 これを法律用語では「不実告知」といいます。 不...
用語説明

死後事務委任契約について

死後事務委任契約とは 死後事務委任契約とは、委任者が第三者に対して、委任者が死亡した場合の、葬儀、納骨、埋葬等の事務について代理権を与える契約のことです。 死後事務委任契約では以下のような事項を定めます 葬儀に関する事務...
用語説明

財産管理委任事務について

財産管理委任事務とは 財産管理委任事務とは、任意後見の契約をする前に、財産の管理を受任者に託すことです。 財産管理委任事務は、見守り契約(任意後見が始まる前に定期的に任意後見人になる予定の方が、ご本人と定期的にコミュニケーショ...