☎ 050‐3173‐4720

よくある質問

遺言

Q.親に遺言書を書いてもらいたいです…

両親の家族関係が複雑で、遺言者に前妻の子供がいるケースなどでは、後妻やその子供は遺言書を作ってほしいといった相談は非常に多いです。 結論として、遺言書は遺言者ご本人の意思によって作成するものなので、遺言書の作成を強要してはいけません...
よくある質問

Q.他府県でも依頼可能ですか?

はい。原則は可能です。ただし、相続や遺言書など業務は、ご相談の上で判断させていただく場合があります。 契約書・内容証明等に関しては「メール・電話・オンライン(ZOOM)等」の手段によって相談が可能であればご対応可能ですので、他府県の...
相続

Q.相続を依頼した場合の料金の支払いについて

基本的に、相続に関するご依頼をいただいた後すぐに、弊事務所と委任契約を書面で締結させていただき通常、契約後3日以内に着手金として料金の25%をお支払いいただいております。 こちらで着手金のお振込みを確認させていただいた後に、業務を開...
遺言

Q.遺言書の作成は何日程度かかりますか?

遺言書の作成日数ですが、遺言書を自筆で書くか、公正証書として作成するかで作成日数が変わってきます。自筆で遺言書を作成される場合には、1~5日程度で作成可能です。 公正証書で遺言書を作成される場合には、公証役場での手続や公証人との打合...
遺言

Q.遺言書を作りたいのですが何からすればよいですか?

遺言書を作成する際に「何から始めればよいか」というような質問はよく受けます。私は自己財産の調査から始めることをおすすめします。調査とは具体的に、預貯金や不動産、自動車の価値を調べたりすることです。 預貯金は、通帳を見たら現在の残高が...
相続

Q.相続手続の流れについて教えてください。

弊事務所では、相続を下記の4つの業務に分けて考えております。 戸籍の取得、相続関係説明図の作成財産の調査、財産目録の作成遺産分割協議、遺産分割協議書の作成財産の払戻請求や名義変更手続 弊事務所では、上記の業務を順を追って行って...
相続

Q.相続手続をしないとどうなりますか?

相続手続を行わない場合、被相続人(故人)の財産の名義が被相続人のままなので、基本的に処分を行うことができません。被相続人の遺産を処分するには、相続人で遺産分割協議を行わなくてはいけません。 また、被相続人が不動産を所有していた場合、...
相続

Q.相続の手続は誰が行うのですか?

相続手続は、法律上で誰がしなければいけないと定められているわけではないので、相続人が行うことが一般的です。ただし、相続人以外の者も相続手続を行うことができますが、市区町村役場や、法務局、金融機関では相続人の署名と印鑑がある委任状が必要とな...
相続

Q.相続はいつぐらいに行えばよいですか

相続は被相続人の死亡時に発生します。相続手続については一般的に相続開始後、通夜・葬儀・告別式が終わり1か月~2か月後の納骨のタイミングくらいで行われるとされます。 相続手続の開始について、別に法律上定められた期間はありませんが、相続...